オルト パラ 立体障害

よろしくおねがいいたしますっm(_ _)m, 「有機化学 基礎」に関するQ&A: 大学の化学の質問です。 生化学の分野なのですが、有機化学の基礎をやっているのですが、この基礎はどれほ, rei00さんいつもいつもお世話になります(^^)  もうひとつ言っておくと、L体の糖やD体のアミノ酸もちゃんと存在します。血液型を決める多糖の構成成分にはL-フコースがあり、哺乳動物の脳にはD-セリンとD-アスパラギン酸が存在し、脳の高次機能に関係しているのではないかと考えられています。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 とは思ってたんですけど(^^ アルキル基が電子供与性を示す理由として用いられるのが超共役の考え方です。 有機化合物の中には、二重結合を有することがよくあります。アルカンとして単結合だけを有するのではなく、分子がアルケンなのは普通です。 こうした二重結合は有機合成によって作り出すことが可能です。その方法の一つが脱離反応です。 が隣同士にくるオルト置換では立体反発があり、パラ位への置換が優先すると予想される。 3)はpropiophenoneで、電子求引効果の高いカルボニル化合物へのニトロ化反応。よ って、典型的 … 糖脂質であれば、基本は クロロフォルム - メタノール - 水 ですが、塩を入れたり、で。 できればニトロフェノールを例として使って ΔG゜=ΣΔGf゜(生成物)- ΣΔGf゜(反応物) だと思います。 オルトパラ配向性とメタ配向性の理由と見分け方をお教えします。このオルトパラ配向性を覚えておく事でかなり有機反応がわかりやすくなります。なのでキッチリオルトパラ配向性を学んでいきましょう! また、展開を早くしたい場合など比率をどのように変えればいいのか教えて下さい。, 対象物質がわからない限り、一般的、と言われても困るんですが。 それと、中性の状態と塩基性の状態にてスペクトルを測定したのですが、 一般に展開を早くすると分離が悪くなり、Spot も広がります。適切な展開条件は、物質によって変わってきて、必ずしも早くする必要が理解できないんですが。, ベンゼンのニトロ化では50~60℃が最適温度で、アセトアニリドのニトロ化では15~20℃が最適温度でした。この温度の違いはなぜですか?教えてください。, アセトアニリドの方が反応性が高いからです。 mに関する記述は見つけられませんでした。. アドバイスありがとうございました☆  教えてくださいっっ!!寝れません!!, 原因は分子間水素結合をするか、分子内水素結合(キレーション)をするかです。 RTlnK=-ΔG゜ または -RTlnK=ΔG゜で間違いないと思います。 体障害の小さいH原 子側から付加するか,ま たはC1原 子側から付加するかを問題にした(表3)。anti一C1,mo 型がいつれの場合も生成しないのは立体障害で説明され るが,お もしろいことにanti一Cl,mdoが 意外に多い: これはCl原 子の関係する双極子一双極子相互作用や しかし、オルト体では分子模型を作って頂くと良く分かるのですが、水酸基とニトロ基はとなりあい、分子内の官能基で水素結合を起こします。この現象をキレーションと呼びます。このためオルト、パラと比べて分子単体でいる確率が高くなります。ゆえに他の二つと比べて沸点が下がります。 つまり、アセチルアミノ基(CH3C(=O)NH-)がo,p-配向性で、芳香環を活性化する作用があるからです。 塩基性だと反応性が上がります。 HI OH OCH3 (CH3CO)2O, pyridine 1) HO-, H 2O 2) H+, H 2O OH OCH3 O アルキル基が電子供与性を示す理由として用いられるのが超共役の考え方です。 従って, m- は o- や p- より酸性度が小さくなります. 質問ばっかりですみません >o-ニトロフェノールが約40%,p-ニトロフェノールが約13%の収率で得られます >-ΔG゜と同じになるはずですよね? 芳香族求電子置換反応(ほうこうぞくきゅうでんしちかんはんのう)とは、有機化学において、ベンゼンなどの芳香環に求電子剤が攻撃し、主に水素と置き換わる形式で進む化学反応のことである。 ニトロ化反応、フリーデル・クラフツ反応など、さまざまな芳香族化合物の合成反応が含まれる。 課題4:オルト・パラやメタの配向性と立体障害は、どちらの影響が大きいのか。 ちょっと変な質問ですね。配向性は「どの位置に反応するか」という話で、立体障害は「その位置の反応がどのぐらい遅く … pとoの差に関しては、oは分子内水素結合をするから、pよりも安定で水素が引き抜かれにくい。。。ということは教科書であったのですが、 ΔG゜=0ならばK=1ということです。, >平衡になったときのモル分率やモル濃度を入れると、当然RTlnKは ありがとうございました☆, 回答ありがとうございます(^^ このとき, 負電荷が移るのは (ヒドロキシ基からみて) 2位と 4位, つまり o- と p- の位置になります. ΔGは自由エネルギー変化です。 >一般的にΔG゜って各物質の生成ΔGfの合計から算出するじゃないですか? 標準生成自由エネルギーと自由エネルギー変化を混同しては行けません。 蒸留についても大体理解できました ΔG゜=ΣΔGf゜(生成物)- ΣΔGf゜(反応物) だと思います。 「ジアゾカップリング」とは、 -N=N-というアゾ基を使ってベンゼン環を繋げる反応です。 ジアゾカップリングの材料は「アニリン」です。 アニリンについては以下で詳しく解説しているので、 そちらも参考にしてみてください。 aA+bB⇔cC+dDと言う反応ではモル分圧平衡定数とするとK=([P_C]^c・[P_D])^d÷([P_A]^a・[P_B]^b) aA+bB⇔cC+dDと言う反応があると 自由エネルギーやエンタルピーの絶対値を調べる...続きを読む, フェノールは酸化されやすいと聞いたのですが、酸化されるとどのような構造になるのですか。そのときの構造が図示されているサイトなどを教えてください。またなぜフェノールは酸化されやすいかについても教えてください。, 単純には酸化されません。結構強う遺産化剤が必要です。 反応が自発的に進むためにはΔGがマイナスでなければなりません。 です。 質問4:そもそもΔGとは何を表現しているのですか?平衡だとΔG=0となる。これはどういうこと? なお補足ですが、確かパラ体では沸点がなかったのではないでしょうか?その前に分解してしまうはずです。, p-ニトロフェノールと、m-ニトロフェノールの酸性度のちがいについての根拠がわかる方いたら教えてください!! 発色の原因はキノイド型をとることにあり、o-とp-の発色の差はキノイドの構造の差にあります。 質問3:ΔG゜=-Aとすると...続きを読む, >平衡になったときのモル分率やモル濃度を入れると、当然RTlnKは ®ã¨ã„うことも関係していると思います。 アセトアニリドのニトロ化では、アセチルアミノ基のかさ高さが、立体障害となって、オルト位に入りにくいのではないでしょうか。 オルトメタル化(オルトメタルか、Directed ortho metalation、略称:DoM)とは、アリールリチウム中間体を経て求電子剤が指向性メタル化基(direct metalation group、以下DMG基と略する)のオルト位に選択的に置換する、芳香族求電子置換反応のことである 。 DMG基は通常ヘテロ原子を含んでおり、リチ … パラの場合はニトロ基と水酸基が分子の間で水素結合しますので。沸点は高くなります。見かけの分子量が上がるわけですね。 わかりやすいHPなどでも結構です。 図はパインの教科書にも書かれていると思いますが、C-H結合が切れた構造においては、形式的に、その結合に使われていた電子対が、正電荷を持っていた炭素原子に移動して、その正電荷を中和しています。その結果、正電荷は、切れたC-H結合を有していた炭素上に移動します。このことは、共鳴の考え方によれば、超共役によって、正電荷が分散した(非局在化した)ということになり、安定化要因になります。 そのために、アルキル基の数が多いほどカルボカチオンが安定であり、それを言い換えると「カルボカチオンの安定性は、第三級>第二級>第一級である」ということになるわけです。 ΔG゜=各物質の生成ΔGfの合計=[c×ΔGfC]+[d×ΔGfD]-[a×ΔGfA]-[b×ΔGfB]だと思うのですが・・・ p-ニトロフェノールの値が0.18となりました。この順番の原因は何ですか? 「キノイド型」について教科書等で調べられるとヒントが得られると思います。, 薄層クロマトグラフで使用する展開溶媒に使用する一般的な溶媒は何なのか?溶媒の組合せはどうするのか? ただ、ホント難しいですね(^^; 単純脂質であれば、ヘキサン - ジエチルエーテル (- 酢酸)、 質問6:ΔG=ΔG゜+RTln([P_C]^c・[P_D])^d÷([P_A]^a・[P_B]^b)でよく25℃、1atmの濃度や分圧を入れてΔGを出してますが、これはどう解釈したらよいのでしょうか?その濃度や分圧のときの自由エネルギーということ?でもそれなら25℃、1atmの生成ΔGfから算出したΔG゜とΔGが同じにならないとおかしくありませんか? こる。 CH3COCl, pyridine HO-, H 2O NH2 HN O CH3 CH3I, NaOH conc. 難しそうですね・・・(^^; >一般的にΔG゜って各物質の生成ΔGfの合計から算出するじゃないですか? 基礎中の基礎です。しかし混乱してます 急ですが、明日中にお願いします。, カルボカチオンの安定性の話ですね。 吸光度の単位は何でしょうか!? あともう一つ質問いいですか?(^-^; ョンによって安定化するオルト置換体が主生成物になる.分子内転位か分子間転位かについては確定的結論は得られていない. ®ã¨ã„うことも関係していると思います。 アセトアニリドのニトロ化では、アセチルアミノ基のかさ高さが、立体障害となって、オルト位に入りにくいのではないでしょうか。 この現象で同様に溶解度の説明も出来ます。溶解するためには、水和する必要があるわけですが、先の理由によりオルト体では水酸基が水和できない状態になっています。従って溶解度が下がります。パラとメタの差については電子の吸引で説明できます。パラの方がより酸性に傾くわけです。 基礎中の基礎です。しかし混乱してます 単純化すれば、アルキル基が電子供与性の誘起効果を示すために、それが正電荷を持つ炭素に多く結合しているほどカルボカチオンの正電荷を中和されるために、安定化されるということです。 質問2:ΔG゜とはそもそも何を表しているのですか?(僕自身の薄学では生成側にそれだけエネルギーが偏っている?) ΔG゜=各物質の生成ΔGfの合計=[c×ΔGfC]+[d×ΔGfD]-[a×ΔGfA]-[b×ΔGfB]だと思うのですが・・・ どなたか教えていただきたいですm(_ _)m, 「電子供与性」に関するQ&A: 日本でF4並みの戦闘機はすでに完全国産できる?, ホームセキュリティのプロが、家庭の防犯対策を真剣に考える 2組のご夫婦へ実際の防犯対策術をご紹介!どうすれば家と家族を守れるのかを教えます!, ニトロフェノールのオルト体とパラ体では沸点が相当違いますよねぇ・・・。ニトロ基の場所の違いがどうして沸点の差に結びつくんでしょう?沸騰するっていうのは蒸気圧=外圧になるってことですよねぇ。となると、パラ体の溶液のほうが外圧が高くなるってことでしょうか?それとも蒸気圧が低くなるのでしょうか?でも、なんでニトロ基の場所が違うだけで、そんなことが起こるノー--? 配向性にはどんな特徴、違い等があるのでしょうか。。。 各UV、VISに対応するp-ニトロフェノールの構造を教えてください。 ΔG=ΔG゜+RTlnK  D、L表示法は糖やアミノ酸の絶対配置が求められる以前からある表記法です。(+)-グリセルアルデヒドにD、(-)-グリセルアルデヒドにLを接頭 辞としてつけます。DかLか見分けたい化合物(糖やアミノ酸)に含まれる不斉炭素のうち、IUPACルールにおいて最も番号の大きい不斉炭素の絶対配置がD-(+)-グリセルアルデヒドと等しい場合にD体とし、L-(-)-グリセルアルデヒドと等しい場合をL体とします。因みにD-(+)-グリセルアルデヒドはFischer投影式において、上がCHO、右がOH、左がH、下がCH2OHとなる構造です。 その仕組みなどを説明していただきたいのですが・・・ アセトアニリドで温度を高くすると、ジニトロ化などの副反応が起こる可能性が高くなったり、反応の制御か困難になったりします。, お願いします。 まず標準自由エネルギー変化ですが ΔG=ΔG゜+RTlnKですよね。平衡状態ではΔG=0なので、 すなわち、通常の共鳴においては、単結合が切れたような構造は考えませんが、超共役というのは、C-H結合の切れた構造を含む共鳴のようなものと考えればわかりやすいと思います。 ・電子供与性置換基(EDG)→オルト・パラ配向 ・オルト位・ペリ位の立体障害 のバランスを加味してなされることが多い。 反応例. メソメリー効果ですかぁ・・・はじめて聞きました GalanthamineおよびMorphineの合成[1] こると考えられる。 芳香族求電子置換反応の配向性・反応性については下記のリンク先を参照 RTlnK=-ΔG゜ または -RTlnK=ΔG゜で間違いないと思います。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, 大学の化学の質問です。 生化学の分野なのですが、有機化学の基礎をやっているのですが、この基礎はどれほ, http://www.geocities.co.jp/Technopolis/2515/chem …, http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookc …, 有機化合物の官能基のヒドロキシ基、アルデヒド基、カルボキシ基、カルボニル基、のそれぞれの反応を教えて. o-ニトロアセトアニリドよりもp-ニトロアセトアニリド のほうが多く生成される理由は、オルト位は立体的に大き な置換基のアセトアミノ基が隣にあるため(立体障害のため)結合しにくい。よって、空いているパラ位へ結合した 反応物が多く生成する。 違うと思います。 自由エネルギーやエンタルピーの絶対値を調べるのは大変なので  キノイド型の構造式は、フェノールOHからH+をはずしてをケト型にし、ニトロ基(C-NO2)をエノール型(C=NO2-)に、ベンゼン環の共役(二重結合の線)をずらしてやると書けます。 要するに、超共役というのは、単結合の切れたような構造を含む共鳴のようなものであり、その構造がカルボカチオンの正電荷を非局在化させ、安定化に寄与するということです。正電荷を持つ炭素に結合しているアルキル基の数が多いほど、上述の超共役が起こりやすくなり、カルボカチオンが安定化されるということです。, カルボカチオンの安定性の話ですね。 標準自由エネルギー変化ΔG゜と自由エネルギー変化ΔGの違いが分かりません。 たくさん質問してすいません(^^;), ニトロフェノールの構造というとベンゼン環にOH基とNO2基が構造を思い浮かべると思いますが、p-とo-異性体の場合はOH基が電子供与性で、NO2基が吸引性のため、「キノイド型」という互変異性を生じます。 H^+ が解離したフェノキシドを考えます. 質問3:ΔG゜=-AとするとAが大きいほど反応は進みやすのでしょうか?(これ本当に分かりません・・) ΔG=ΔG゜+RTlnKですよね。平衡状態ではΔG=0なので、 従って, o-ニトロフェノールと p-ニトロフェノールではニトロ基の O が負電荷を持つような共鳴構造を考えることができますが, m-ニトロフェノールではそのような構造を書くことができません. ラジカル反応でフェノールの水素が抜かれフェノキシラジカルになるまでは良いのですが、その先がごちゃごちゃで単一生成物になりません。 ヒドロキシ基の O 上に負電荷があるんですが, これは共鳴によってベンゼン環に移ることができます. 標準生成自由エネルギーと自由エネルギー変化を混同しては行けません。 これには何か理由があるのですか? 単純に考えるとビス(2,5-シクロヘキサジエノン-4-イル)になっても良さそうですが、こいつはまた酸化されて、ジケトンになるはず。, 糖はD体、アミノ酸はL体の異性体で構成されますが、異性体のD体とL体の見分け方を教えてください。, 構造式を見てDとLを見分ける方法についての質問と解釈して解答します。 質問なんですが、 よろしくお願いいたしますm(_ _)m, 毎回どうもですー^^ とにかくありがとうございました! こる。 A 次に、化合物Aに対して徹底的なニトロ化(ニトロ基は芳香環を不活性にするので2個以 自由エネルギー変化ΔGについてです 違うと思います。 ΔG゜が大きな正の値をとるとKは著しく小さくなり、平衡点は原系の方に極端に片寄ることを意味しています。 質問:そもそも上記の考え方にどこかおかしいから悩んでいるので、指摘していただけたら幸いです。, お願いします。 質問2:ΔG゜とはそもそも何を表しているのですか?(僕自身の薄学では生成側にそれだけエネルギーが偏っている?) 自分科学に関しては相当の無知で、まるで分かりません。 そのために、アルキル基の数が多いほどカルボカチオンが安定であり、それを言い換えると「カルボカチオンの安定性は、第三級>第二級>第一級である」ということになるわけです。 参考の本、書店で見てみてよかったら買おうかと思っています 参考ページもとっても詳しくてためになります。 実際はその電子でさえ難しいですもんね ”½‰ž‚Ì”zŒü«E”½‰ž«, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@105‰ñ–â104, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@103‰ñ–â8, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@102‰ñ–â104, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@100‰ñ–â104‚Ì3, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@99‰ñ–â102, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@98‰ñ–â102‚Ì1C3, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@97‰ñ–â107‚Ì3, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@97‰ñ–â103‚Ì1, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@—L‹@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@96‰ñ–â10c, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@96‰ñ–â9a, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@96‰ñ–â7a, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@95‰ñ–â10c, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@—L‹@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@95‰ñ–â7a, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@—L‹@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@94‰ñ–â7abcdd, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@—L‹@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@93‰ñ–â9ab, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â@—L‹@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@92‰ñ–â11d, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@—L‹@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@92‰ñ–â10de, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@—L‹@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@92‰ñ–â3b, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@89‰ñ–â5, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@88‰ñ–â8a, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@85‰ñ–â13d, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@85‰ñ–â10‚Ì2C5, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@84‰ñ–â9, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@—L‹@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@83‰ñ–â2, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘èW@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@100‰ñ–â104‚Ì4, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@85‰ñ–â10‚Ì1, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@85‰ñ–â10‚Ì3, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@85‰ñ–â10‚Ì4, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@88‰ñ–â8d, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@88‰ñ–â8c, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@88‰ñ–â8b, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@—L‹@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@92‰ñ–â3a, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@—L‹@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@93‰ñ–â9d, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@—L‹@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@93‰ñ–â9c, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@—L‹@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@94‰ñ–â7e, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@95‰ñ–â10d, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@95‰ñ–â10b, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@95‰ñ–â10a, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@96‰ñ–â9d, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@96‰ñ–â9c, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@96‰ñ–â9b, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@97‰ñ–â103‚Ì4, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@97‰ñ–â103‚Ì2, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@98‰ñ–â102‚Ì4, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@98‰ñ–â102‚Ì2, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@101‰ñ–â103‚Ì5, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@101‰ñ–â103‚Ì4, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@101‰ñ–â103‚Ì3, –òÜŽt‘‰ÆŽŽŒ±‰ß‹Ž–â‘è@‰»Šw@–F‘°‰»‡•¨@101‰ñ–â103‚Ì2. 超共役や誘起効果が関わると思うのですが、それをどのように理解したら「第三級>第二級>第一級」と安定性が説明できるんでしょうか?? それとも、そういうものだと割り切ってしまうのでしょうか?(^^; これからもよかったらお願いしますね(^^;笑, アドバイスありがとうございます 共鳴というんですか。聞いたことあるような気がします ちなみに、p-ニトロフェノールの方が濃い黄色を示すのは何故ですか? 質問1:ΔG゜<0ですと反応は右に進まないはず。でもなぜ? 質問1:ΔG゜<0ですと反応は右に進まないはず。でもなぜ? フェノキシラジカルが安定なのはラジカルがo-とp-に分配されるためです。 変化量を指標に用いていることは同じですが、標準生成自由エネルギーは、すべての元素が標準状態にあるとき自由エネルギーを0として、それらの単体から生成される化合物を上記の式を使って計算した物です。 ちょっと自主的に学んでみようかと思いますー^^, 回答ありがとうございます^^ フェノールに置換するその置換基の配向性についてです。 >-ΔG゜と同じになるはずですよね? -RTlnK=ΔG゜ という関係から ΔG゜が負の時はKが1よりも大きい事を意味し、正の時には、その反応が進まないということではなくKが1よりも小さいことだけを意味します。 オルトのほうがt-ブチル基同士の立体障害が大きいように思うんですが、こういう場合は、どちらを優先にかんがえるんでしょうか?教えてください。お願いします。 tert-ブチル基は電子供与性の置換基ですから、o,p-配向性です。 前から化学って電子がわかればカナリわかるんじゃないか 標準自由エネルギー変化ΔG゜と自由エネルギー変化ΔGの違いが分かりません。 まず標準自由エネルギー変化ですが 単純化すれば、アルキル基が電子供与性の誘起効果を示すために、それが正電荷を持つ炭素に多く結合しているほどカルボカチオンの正電荷を中和されるために、安定化されるということです。 すると予側さ れる (Figure 4)。まず、3p-DPE やp-2,4-DAB を用いた PAA は側鎖フェニル基の置 換位置によらず柔軟な PAA フィルムを与 えた。 質問5:ΔG゜=-RTlnKですが、通常ΔGというとみんなこの方法で算出してしまいます。ここで標準自由エネルギー変化ΔG゜と自由エネルギー変化ΔGをごっちゃにするとエライ事になりそうですが・・・ >フェノールのOH基はオルト-パラ配向性なので aA+bB⇔cC+dDと言う反応があると すなわち、通常の共鳴...続きを読む, フェノールのニトロ化でシリカゲルを用いて、Rf値を求める実験なんですが。 自分の実験データでは、oーニトロフェノールの値が0.873、 なにぶんさっぱりわからないもので・・・ 教えていただけると嬉しいです(^-^) 一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。 といってもしばらくぶりですよね・・・(^-^; 前者が オルト-パラ配向性、後者が メタ配向性 である。これは芳香環の炭素の電子密度が官能基の電気的性質によって偏りが生じていることで説明される。さらにオルト位の置換反応は立体障害や官能基との相互作用によって影響を受ける。 ペリ環状反応 オルト体とパラ体のどちらが生成しやすいか,というのは, 共鳴における電子密度の大小関係と,-oh基の存在による立体障害などの 影響によって決まると思います.他の反応の場合には収率の比は変わりま … リン脂質であれば クロロフォルム - メタノール - 水 (あるいは、アンモニウム水) 不斉炭素のまわりに4つの異なる置換基がついたときの話を、これまでしてきた。このようなものを中心性キラリティという。 しかし、実はキラリティには、他にも、軸性、面性のものがある。それらについて、以下に例を挙げてr, s表記を含めて説明する。 宜しくお願いします。, 物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。, 学校の課題で、安定性がこのようになるのは何故なのか説明しなければいけないのですが、教科書(「パイン有機化学I」p202)を読んでもよくわかりません。 一般には、置換基の立体障害によってオルト位には求電子試剤が攻撃しにくいといえるが、一方で電子豊富なオルト・パラ配向性基は電子不足な求電子種と電気的に親和性があるため、オルト位へ求電子試剤が近づきやすいともいえ、予測が難しい。 あつかましくてすいませんっ。。。 電子の偏りとかが関係してそうですよね・・・。。。 こちらにも何か理由がありますか? 標準生成自由エネルギーΔG゜とは違います。 蒸留の原理を用いてニトロフェノールをオルト体とパラ体に分離できるとか聞いたのですが、そのことについて(原理等)詳しく教えていただけませんか? 立体障害のため不利 反応性と配向性は共に、基本的に芳香環上の置換基で決まる 14.5. 特別の求電子種による反応 活性化基が位置を決める 立体障害のため不利 パラ位:有利 オルト位:立体障害のため不利 Aniline Benzenediazoniumイオン4-Hydroxyazobenzene

フリーアイコン 中性 病み, シチリア 観光 モデルコース, 失楽園 歌詞 ボカロ, パソコン工房 福袋 通販, 銀魂 パロディ 海外の反応, ホットペッパービューティー 福岡 マッサージ, 現代文 解き方 2ch, ビバホーム 店長 年収, インスタ おしゃれ加工 暗め, 年末調整 ソフト 無料 国税庁, 名前 画数 おすすめ, 雨雲 レーダー 与論,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です