月光 第二楽章 解説

ピアノ・ソナタ 第14番 イ短調. ベートーベンの曲でも特にこのピアノソナタ第14番嬰ハ短調は、 「月光」として映画やドラマなどにも使われ、日本でも有名ですね。 3楽章の中でも第1楽章が特に有名ですが、 各楽章の世界観や、他の曲と … 月光 第1楽章; ノクターン Op.9-2; 幻想即興曲 Op.66; 愛の夢 第3番; 24のプレリュード 第7番 イ長調 Op.28-7; ジムノペディ 第1番; アラベスク 第1番; 革命のエチュード; ノクターン 第20番 嬰ハ短調 遺作; ノクターン 第13番 ハ短調 Op.48-1; ノクターン 第1番 変ロ短調 Op.9-1 特に当時は第一楽章がソナタ形式ではないということが非常に珍しかったようです。, ベートーベンは晩年はほとんど耳が聞こえなかったようですが、難聴の兆しが出来きたのがこの時期です。 【徹底解説】ベートーヴェン「月光」第三楽章 難所と練習のポイント 冒頭2小節の右手のアルペジオ. ピアノソナタ第8番 ハ短調 作品13『大ソナタ悲愴』("Grande Sonate pathétique")は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが作曲したピアノソナタ。 作曲者の創作の初期を代表する傑作として知られる。 ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 作品27-2はドイツの作曲家、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)が1801年に作曲したピアノソナタです。 作品番号が27-2となっているのは、この作品が1802年に出版された際にピアノ・ソナタ第13番と対の作品として発表されたためで、ピアノ・ソナタ第13番が作品27-1、第14番が作品27-2となっています。 この2つの作品にはベートーヴェン自身が「幻想曲風ソナタ」(Son… ベートーヴェンが30歳(1801年)の時に作曲した「ピアノソナタ月光」。 正式名称は、ピアノソナタ第14番嬰ハ短調 作品27-2『幻想曲風ソナタ』。 実は全然「月光」じゃないんです!!, こんにちは!ピアノを愛好し続け気づけば30年経っていたこまるほまるです。 今回は偉大なるベートーベンが作曲された「ピアノソナタ 月光」について掘り下げていきたいと思います。, 静かで神秘的な第一楽章、可憐で可愛らしい刹那的な第二楽章、そして情熱的で激しめの第三楽章。 と、全部で三楽章ありますが、 初めの第一楽章の曲想がまるで「湖上に揺らめく月光」と思わせたということで「月光」という通称が定着したようです。, ベートーベンが発表時につけていたタイトルは「幻想曲風ソナタ」。 なのですが当時のカリスマ音楽評論家であり詩人でもあったレルシュタープ氏は、第一楽章を聴いてこう言いました。, 確かに、淡々と連続する三連符や分散和音は水面イメージさせますし、嬰ハ短調の和声進行は薄りのしっとりとした月夜を思わせます。, 上記の発言が広まり、作品自体が「Moonlight(月光)」と呼ばれるようになりました。, 曲の構成においては当時のピアノソナタの形式をガン無視しています。 「ルールはオレだ」的なベートーベンの勝気さが大いに反映されていますね。, ベートーベン自身がつけた「幻想曲風ソナタ」というタイトルからも、「ソナタ形式に縛られずに自由に作ってみた」という意思が読み取れます。 楽曲解説 - ピアノソナタ 第14番 嬰ハ短調 《月光》 第2楽章. ベートーベンの第九って凄いです!そんな凄さを1~4楽章それぞれをお知らせします!年末になったらどこからともなく第九が聞こえてきますが、その聞き所も、意味も、素敵なところ満載のこの第九を超簡単に解説しますね。 ピアノ・ソナタ 第15番 ハ長調レリーク ベートーヴェンの「月光ソナタ」はとても人気のある曲で、特に神秘的な雰囲気の第1楽章は知らない人の方が少ないぐらいではないかというほどの有名な曲ですね! ベートーヴェンが数多く作曲したピアノソナタの中でも「悲愴」「熱情」と・・・ © 2021 こまるほまるの間 All rights reserved. ランキングに挙げるピアノソナタには難易度を掲載しました。その意味は易から難の順に「C」、「B」、「A」で表しました。元々、ピアノ上級者向けの難曲を挙げているので、「C」レベル以下のものは出てきません。 ピアノ・ソナタ 第14番 「月光」 Op.27-2 嬰ハ短調/Sonate für Klavier Nr.14 "Sonata quasi una fantasia"(Mondscheinsonate) cis-moll Op.27-2 - ベートーヴェン - ベートーヴェンのピアノソナタの中でも、そのポピュラーな旋律によって広く親しまれている、1802年の作品。 ベートーヴェンの「月光」第一楽章の魅力。難易度と弾き方の解説 2018年4月27日; 活発に!ベートーベン『ソナタ第20番ト長調op.49-2第1楽章』の弾き方と難易度 2018年8月28日; ベートーベン「ピアノソナタ第10番第1楽章」難易度と弾き方のポイント 2018年10月25日 ピアノソナタ第八番「悲愴」は、1798年に作曲されました。この時期は、ベートーベンが難聴を自覚した時期であることは有名です。ともすれば、「悲愴とは音楽家の命である聴覚を失うことを悲しんだベートーベンの魂の発露である」という解釈をしてしまいますが、その曲調は「ベートーベンの個人的な悲しみ」ではなく、「人生の様々な場面で襲い来る悲しみに揺れ動く人間の感情」そのものを表現するかのような緩急入り混じったテンポを持っています。そもそもタイトルの「悲愴」というのは「深 … ソプラノバス内声の順番で、とも言われるのですが、 (ピアノ初心者は特に)バスと内声を両方とも抑えた方がバランスが取りやすいです。 (また、今回の音源のようにバスを抑えた演奏もよく聴かれます。) 内声には右手の強い指(1や2)が来てしまうので、タッチは浅く浮かせましょう。 ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調月光. 静かで神秘的な第一楽章、可憐で可愛らしい刹那的な第二楽章、そして情熱的で激しめの第三楽章。 と、全部で三楽章ありますが、 初めの第一楽章の曲想がまるで「湖上に揺らめく月光」と思わせたということで「月光」という通称が定着したようです。 ノンレガート気味に滞りなくクリアに弾くところです。 そのためには、音同士が決してくっつかないように、打鍵後すぐに次の音に重心が移るよう指を良く動かす必要があります。 第2楽章は第1楽章とはうってかわって、明るくはねるような旋律が特徴の曲です。 スタッカートとレガートの部分の繰り返しが少々弾きづらいかもしれませんが、慣れてリズムをつかんでくると弾けるようになってきます。 楽曲解説 - ピアノソナタ 第14番 嬰ハ短調 《月光》 第1楽章. 三部形式 。 『月光の曲』として非常に有名な楽章である。冒頭に「全曲を通して可能な限り繊細に、またsordinoを使用せずに演奏すること」(Si deve suonare tutto questo pezzo delicatissimamente e senza sordino.)との指示がある(譜例1)。 第3楽章中間部の主題が出た後,さらに音楽は熱狂を続けます。 そのうち,トロンボーンに王の主題が再現してきます。第1楽章の海の情景に戻りますが,ここでは平穏な海では,すさまじい嵐となっています。この嵐の描写も大変効果的です。 月光の第2楽章にもなかったように、熱情も第2楽章にはナポリの和音は一つもありません。 そして、第3楽章。 そもそも、月光も熱情も第1楽章の冒頭と第3楽章の第1主題に強い関連性があります。 月光第1楽章 … ベートーヴェンのピアノソナタ第14番は、1801年に作曲され「月光ソナタ」という通称でも親しまれています。 ちょうどベートーヴェンの耳が聞こえなくなりはじめた頃の作品とされています。 ピアノソナタ第8番(悲愴)、第23番(熱情)と共に「3大ピアノソナタ」としても有名です。, とても美しく印象的な旋律で、ベートーヴェンのピアノソナタの中でも屈指の人気を誇っています。, ここではベートーヴェン「ピアノソナタ第14番(月光ソナタ)」の解説と名盤の紹介をしたいと思います。, ダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim, 1942年-) アルゼンチン出身の、ユダヤ人ピアニスト・指揮者(現在の国籍はイスラエル) 神童として名をはせ10代の頃からピアニストとして活躍すると、20代半ばからは指揮者としても活躍する。 パリ管弦楽団、シカゴ交響楽団、ベルリン・シュターツカペレの音楽監督なども歴任。 オペラ部門、室内楽部門、管弦楽曲部門、ソリスト部門、ベスト・クラシック部門などでグラミー賞を受賞。, ベートーヴェン「ピアノソナタ第14番(月光ソナタ)」の無料楽譜(IMSLP/外部サイト), 「月光」はベートーヴェンが31歳の時に作曲され、14歳年下の恋人だった伯爵令嬢ジュリエッタ・グイチャルディに捧げられました。 またベートーヴェンはジュリエッタにピアノも教えており、師弟関係でもありました。 ジュリエッタは身分が高く、ベートーヴェンは身分の壁に苦悩したと言われています。, 二人の仲は、周りも公認の仲だったそうです。 可哀想なことにベートーヴェンが「月光」をジュリエッタに贈った後に、ジュリエッタは貴族と結婚してしまいます。 ただ身分の違いから二人の未来は明るくないことは、ベートーヴェンは初めから予期していたそうです。 ベートーヴェンのこのような恋愛感情を知識に入れておいて曲を聴いてみると、また違った印象を感じられるかもしれません。, ただし「恋人に捧げられた作品」だからといって、「恋愛を表現した音楽」と理解するのは早計なようです。, 14歳年下の恋人ジュリエッタには、当初ピアノ独奏曲『ロンド』ト長調(作品.51-2)を捧げる予定でいたそうです。 それが急きょ『ロンド』をカール・リヒノフスキー侯爵の娘へ献呈することになりました。, それで恋人に贈る「代わりの作品」として、「月光」が選ばれたと言われています。 「月光」はベートーヴェンの当時の精神状態を表しているかもしれませんが、恋愛と作品を直接結びつけることは避けた方がいいのかもしれません。, 「月光」の名で親しまれているピアノソナタ第14番ですが、作品が完成した当初は「月光」とは呼ばれていませんでした。, ベートーヴェン自身は「幻想曲風ソナタ」と書いており、「月光」の呼び名はドイツの詩人ルートヴィヒ・レルシュタープ(Ludwig Rellstab 1799年-1860年)によるものです。 「月光」が完成したとき、レルシュタープの年齢は2歳です。 レルシュタープが「月光」と評したのがいつかはわかっていませんが、作品が完成してからしばらく後のことだと推測されます。, レルシュタープは詩人の他にも音楽評論家として有名でした。 「レルシュタープに認められること」は音楽家のキャリアに大きな影響を与えたそうです。 そんなレルシュターブは14番を「スイスのルツェルン湖の月光の波に揺らぐ小舟のよう」と表現しました。, 単なる「月光」を思い浮かべるのではなく、「レルシュターブの思い描いた景色」を想像すると作品がまた変わった風に聞こえるかもしれません。, その人気の高さから単独で演奏されることの多い「月光」ですが、元々は13番とセットで一つの作品として発表されました。 ベートーヴェンの書き記した「幻想曲風ソナタ」の名称も、「月光」だけを指すのではなく13番・14番のことを指しています。, 「月光」においても、即興的な要素が加わっていたり、ペダルの使用が初めて細かく指定されたりしています。 音楽的には伝統的な古典派ソナタを一歩抜け出して、ロマン派の音楽に近づいてきています。 そして1802年の「ハイリゲンシュタットにて遺書」を経て、ベートーヴェンの作品は新たな境地へと突入していきます。, ルービンシュタインの名演でベートーヴェンの三大ピアノソナタを堪能してはいかがでしょうか。 ルービンシュタインと言えばショパンを思い出す方もいるとは思いますが、ベートーヴェンも名演が揃っています。 定番の1枚としても知られており、クラシックの初心者の方にもオススメの1枚です。, アルトゥール・ルービンシュタイン(Arthur Rubinstein, 1887年1月28日 – 1982年12月20日) ポーランド出身で、20世紀を代表するピアニストとして知られている。 母国ポーランドの作曲家ショパンをはじめ、シューマン、ベートーヴェン、ブラームスやブラジル音楽など、多くのレパートリーを誇った。 1899年:ポツダムでデビュー 1990年:ヨアヒムの指揮でベルリン・デビュー 1937年:ナチスの迫害を逃れて米国に移住 1946年:アメリカに帰化. ベートーヴェンのピアノソナタの中でも、そのポピュラーな旋律によって広く親しまれている、1802年の作品。 定番のエリーゼのためにや、さらばピアノよ、トルコ行進曲の原曲を聴いたことはありますか?ピアノソナタでは月光や悲愴、熱情がオススメで、宇野昌磨選手も演技した「月光」が今のトレンドでしょう。失われた小銭への怒りという脳筋のような作品もありますので是非ご覧ください。 届かないところは「音をずらす」という方法もありますが、3連符がこの曲全体のイメージを支配しているので、ずらすと違和感があるかもしれません。 素材解説 ベートーベンのピアノソナタ「月光」を打ち込みピアノで演奏しました。 ピアノソナタ第14番嬰ハ短調・第1楽章 Adagio sostenuto。 「音楽の父」とも呼ばれるベートーヴェン。 彼は多くの名曲を後世に遺しました。 交響曲「田園」は彼が書いた曲の交響曲の中でも人気の高いものです。 また、ベートーヴェンの交響曲の中では、数少ない表題のついた曲です。 この「田園」の魅力、構成について解説してゆきましょう。 クラシック音楽「名曲」の解説と名盤(Musica Classica) All Rights Reserved. 第1楽章 Adagio sostenuto 2/2拍子 嬰ハ短調. ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven、1770年12月16日頃-1827年3月26日)の代表曲・名曲を年代を追って整理しています。 ここで... ルートヴィヒ・レルシュタープ(Ludwig Rellstab 1799年-1860年), アルトゥール・ルービンシュタイン(Arthur Rubinstein, 1887年1月28日 – 1982年12月20日), ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」&第14番「月光」&第23番「熱情」&第26番「告別」. ベートーベンの月光は、 第1楽章だけでなく、第3楽章まであり、それぞれが、別の曲のようであり、 3楽章そろってひとつの曲ということで、 難易度としても、全体が弾けるレベルとして、 この「月光… 第二楽章の冒頭部分の叙情的なメロディは、モーツァルト『ピアノソナタ第14番』から強い影響を受けたとされ、テレビcmなどで頻繁に用いられている。 第14番(月光)、第23番(熱情)と合わせて、ベートーヴェンの3大ピアノソナタと称される初期の代表作。 「第九」第四楽章もまた複雑怪奇をきわめるように見えるが、究極のところは以下の二つの主題を用いた壮大なる変奏曲である。すなわちこの曲を分解してゆけば以下の二主題に行き着くのである。 ♪「第九」第四楽章第一の主題 ピアノ・ソナタ 第14番 ハ短調. 【徹底解説】ベートーヴェン「月光」第三楽章 難所と練習のポイント 冒頭2小節の右手のアルペジオ. ダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim, 1942年-) アルゼンチン出身の、ユダヤ人ピアニスト・指揮者(現在の国籍はイスラエル) 神童として名をはせ10代の頃からピアニストとして活躍すると、20代半ばからは指揮者としても活躍する。 パリ管弦楽団、シカゴ交響楽団、ベルリン・シュターツカペレの音楽監督なども歴任。 オペラ部門、室内楽部門、管弦楽曲部門、ソリスト部門、ベスト・クラシック部門などでグラミー賞を受賞。 第二楽章は、軽快なスケルツォになり、 ベートーベンの恋する胸の内が晒されているようです。第一楽章の張りつめた緊張感や情熱をふっと解き放してくれたかのような、明るい優しさをもった曲調に変わ … ベートーヴェンのピアノソナタの中でも、そのポピュラーな旋律によって広く親しまれている、1802年の作品。 作曲家としては致命的といえる耳の病気だったため、周囲に感づかれることを恐れ思い悩み、遺書まで書いています。, 私の人生はいま一度わずかに喜ばしいものとなり、私はまた外に赴いて人々の中に居ます。 この2年の間、私の暮らしがいかに侘しく、悲しいものであったか信じがたいことでしょう。この変化は可愛く、魅力的な少女によってもたらされました。彼女は私を愛し、私も彼女を愛しています。2年ぶりに幾ばくかの至福の瞬間を謳歌しています。 そして生まれて初めて結婚すれば幸せになれると感じているのです。 しかし不幸にも彼女は私とは身分が違い、そして今は、今は結婚することなどできやしないのです。, だんだんと自分の聴力が衰えていく不安感の中、彼女によりどころを求めるも育ってきた環境が違うからすれ違いは否めません。 惹かれあっているにもかかわらず、想いを伝えられないもどかしさや全てをさらけ出せないミステリアスな恋愛初期のイメージでしょうか。, 束の間の現実逃避というか、二人だけのお花畑的なイメージです。 恋愛において最も楽しい時期です。本当にあっという間に終わってしまいますが。。, いやあ、これはもう、そのアレですw 恋愛のドロドロした部分や感情を全てさらけ出してぶつかったり求めあったりしているイメージです。, 実際に、この曲を贈った直後に彼女は別の爵位を持った作曲家と婚約し、結婚しています。 ピアノ・ソナタ 第13番 変ホ長調. ピアノ・ソナタ 第13番 変ロ長調. 1801年。第13番と同じ「幻想曲風ソナタ」。「月光」という通称はベートーヴェンがつけたものではなく、ドイツの著述家l.レルシュタープがこのソナタの第1楽章について“湖の月光にきらめく波間にただよう小舟のようだ”と言ったことからつけられた。 ピアノ・ソナタ 第15番 ニ長調田園. クラシックの超有名曲、ベートーヴェンの月光ソナタの第一楽章通称「月光の曲」です。全音ピアノピースでは上級にカテゴライズされる曲ですが、実際はそれほど難しくありません。Let's チャレンジ。 まあ、いろいろあったんでしょうね。, このように「ピアノソナタ 月光」という曲は、想像をかきたてる背景があり実にドラマティックな曲なのです。, 【難易度と解説】ショパン エチュード作品10(別れの曲 / 黒鍵 / 革命 etc.), 【難易度と解説】ショパン エチュード作品25(エオリアンハープ / 蝶々 / 木枯らし / 大洋 etc.).

ミッキー 声優 ツイステ, Webデザイナー 新卒 2021, カレー 取り分け 2歳, 大腸がん 進行速度 何年, 香川県 ランチ 安い,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です