ショスタコーヴィチ 交響曲第4番 名盤

ショスタコーヴィチ:交響曲第4番&第11番『1905年』 [SHM-CD] アンドリス・ネルソンス Andris Nelsons. 交響曲 第5番 ニ短調 作品47 (1937)、 8. 交響曲第7番ハ長調作品60『レニングラード』は旧ソ連の作曲家、ドミートリイ・ショスタコーヴィチ(1906-1975)が1941年に作曲した交響曲です。 第2次世界大戦中の1941年6月、ナチス率いるドイツ軍は突如として不可侵条約を結んでいたソ連に侵攻し、両国は戦争状態に … ブルックナーの交響曲第4番は、ブルックナーの交響曲で最も分かりやすく親しみやすい曲だと思います。3番”ワーグナー”は分かり易いけれど無骨すぎると思う上、まだまだ秀作段階の曲のように感じてなりません。 ホーム ピグ アメ … シベリウス:交響曲第4番ベスト盤アンケート. ショスタコーヴィチといえば代表曲は第5番。当然それ以前に発表された曲と考えるのが普通ですが、作曲されたのは1936年ころと思われるのに初演は1961年。なんと25年ほども後のことなのです。第5番の初演が1937年ですから、いかに発表が遅れたかがわかります。 幻想交響曲 イタリアのハロルド ロメオとジュリエット; シベリウ … 交響曲ニ短調; ショスタコーヴィチ. ショスタコーヴィチの交響曲第4番を長い間私は忌避してきた。cdは大量に持っていたが、ある時期から身体が拒絶するようになっていたのである。最初の数小節でcdをストップさせることが頻発し、やがて聴かなくなった。 シューマン 交響曲第4番 聞き比べ ... 四つあるうちの唯一の短調の曲で、4番となっているものの作曲は比較的早くて二番目、1841年で す。妻クララの誕生日祝いとして贈られ、十年後には改訂されています。 全集・後期交響曲集 第5番 第4番 ... アルプス交響曲 家庭交響曲; サンサーンス. 交響曲第4番(こうきょうきょくだい4 ... ハ短調。ショスタコーヴィチの交響曲 にしては珍しく、ブルックナーのように主題が3つあり、様々なキャラクターがベートーヴェンの英雄交響曲のように大量に詰め込まれていて、それが楽章の巨大化の原因となっている。展開部の第2部では突如、第1 第2番や第3番のような単一楽章形式で声楽を含む新古典風の交響曲や、マーラーの交響曲を意識した巨大で複雑な第4番を経て、第5番では交響曲の伝統的な形式へと回帰した。 声楽を含まない純器楽による編成で、4楽章による古典的な構成となっている。 ・ショスタコーヴィチ:交響曲第5番「革命」の名盤を試聴したレビュー 投稿者 koji shimizu 投稿日: 2016年12月29日 2020年5月15日 カテゴリー ショスタコーヴィチ , ショスタコーヴィチ:交響曲第5番名盤試聴記 , 交響曲 ショスタコーヴィチ 交響曲第5番に コメント 交響曲 第12番 ニ ... ちなみに、ショスタコーヴィチの交響曲全15 曲中で、作品番号が連続しているのはこの第12番のOp.112と交響曲第13番のOp.113のみである。 作曲の経緯. シベリウス:交響曲第4番ベスト盤アンケート. フェリックス・メンデルスゾーン (Felix Mendelssohn,1809-1847)作曲の交響曲第4番 イ長調Op.90『イタリア』 (Symphony No.4 A-Dur Op.90 Italian)について、解説とおすすめの名盤レビューをしていきます。 解説. 交響曲 第12番 ニ短調 作品112 《1917年》(1961) <disc3> 6. ショスタコーヴィチ:交響曲第4番ハ短調 Op.43 Disc2 ショスタコーヴィチ:交響曲第11番ト短調 Op.103『1905年』 ボストン交響楽団 アンドリス・ネルソンス(指揮) 録音時期:2017年9月,10月(第11番)、2018年3月,4月(第4番) シューマンの交響曲第2番は、出だしから感情の浮き沈みがあり、その後もふさぎ込むかのようなマイナスの感情が何度も現れる曲で、必ずしも聴きやすい曲ではありません。… シューマンの交響曲第2番の名盤 | ぽむの音楽箱. シリーズ第1弾としてリリースされた交響曲第5番は、「並み居る名盤の中でもその最高峰の演奏である」として高い評価を受けました。その第2弾はショスタコーヴィチの交響曲の中でも最大編成を要し、悲運の交響曲とも言われる第4番です。 木管楽器が奏でる独特の甲高いトリルの響きと力強いティンパニのリズム、それに続く金管楽器の重低音の響きは迫力満点です! 関西のご年配の方々の中にはテレビドラマ「部長刑事」のオープニング曲として耳にされたことのある方も多いと思います。 まずはこの印象的な第4楽章の冒頭部分をダイジェストで聴いてみましょう。 佐渡裕指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ご紹介した動画は2011年5月20日に開催された佐渡裕の自身初となるベルリン・フィル定 … たいこ叩きのシベリウス 交響曲第4番名盤試聴記 パーヴォ・ベルグルンド指揮 ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団 ショスタコーヴィチ 交響曲第5番 ニ短調 op.47 名盤. 交響曲 第4番 ハ短調 作品43 (1935-36) <disc4> 7. シューマン 交響曲第4番 聞き比べ 取り上げる cd 23枚:マリナー/オラモ/ティルソン・トーマス/ヘレヴェッヘ/ガーディナー/ラトル/アーノンクール/ヘンゲルブロック /チェリビダッケ/ヴィト/ハイティンク/スウィトナー/サバリッシュ/クーベリック/フォンク/セ … 交響曲第1番ヘ短調 Op.10 (1925) 交響曲第2番ロ長調 Op.14『十月革命に捧ぐ』 (1927)----マリインスキー歌劇場合唱団 ピアノ協奏曲第2番ヘ長調 Op.102 (1957)----デニス・マツーエフ 交響曲第15番イ長調 Op.141 (1971) 収録時期:2013年1月7日 交響曲第4番ハ短調 Op.43 (1936) (1)アヴァンギャルドの時代 交響曲第1番~第3番 【交響曲第1番ヘ短調作品10】 2007.11.3.sat 17:00~ [ショスタコーヴィチの全ての爆発を確認する] 19歳の、すでにそれまで4年間家族の経済を支えてきたしっかりした少年の 模範的卒業作品。 ★★★★★ 一楽章、冒頭から重苦しい低弦。音量を落として、内に秘めたような表現のチェロの主題。色彩のコントラストがとても鮮明です。粘りがあって自然の厳しさも伝わってきます。 二楽章、伸びやかで美しい演奏です。大きな表現ではありませんが、生命観のある生き生きとした音楽です。 三楽章、暗闇に浮かび上がるようなフルート。寂しさを強く感じさせる美しい金管。繊細さと深みのある演奏でとても美しいです。 四楽章、生き生きと動き回る弦。強いグロッケンシュピール。強弱の振幅がとても大きくダイナミックですが陰影もあります。かなり激しい金管。後のヨーロッパ室内oとの演奏よりも金管は強烈です。, ヨーロッパ室内oとの録音に比べるとかなりダイナミックで積極的な表現でした。オケもとても美しく伸びやかで魅力的な演奏でした。 このリンクをクリックすると音源の再生ができます。, ★★★★★ 一楽章、遠くから響いてきて、暗闇にどんどん沈んで行くような第一主題。何かを暗示するかのような金管の第二主題。羽毛のような心地良い肌触りの弦。密度が濃く、しかし消え入るような弱音。暗く重い雲に覆われているような雰囲気です。ホルンが一筋の光明を見出すような感じです。 二楽章、一楽章の暗さから僅かに雲が薄くなったような雰囲気ですが、不穏な空気はそのままです。曇天の中でもしっかりとした色彩を放つ木管。 三楽章、近代の作品であることを象徴するような断片的で浮遊感のある音楽。暗闇の中で色とりどりの明かりが交錯するような雰囲気です。一つ一つの音に力があって、しっかりと立っています。暗闇の中に僅かな明かりが差し込むような表現もあります。充実した響きのトロンボーン。 四楽章、グロッケンシュピールとチューブラベルを使い分けています。このあたりの使い分けはとても効果的な使い方でした。精緻でしかも濃厚な色彩。真摯に作品と向き合って、作品の姿を描き出す姿勢には心が動かされました。, 暗闇の中で不穏な空気や色とりどりの光の交錯など、作品の持っているものを純粋な姿勢で描き出した演奏でした。, ★★★★★ 一楽章、深く厚みのある冒頭。しっかり地に足のついた第一主題も深みがあって奥行き感があります。金管も柔らかく美しいバランスです。不安感も良く表現しています。 二楽章、表現の幅が広いオーボエの主題。決して突出するようなバランスにはなりませんが、とても良く表現しています。室内オケとは思えない厚みのある響き。 三楽章、暗闇の中で不安なフルート。静寂の中に響く楽器の数々。よく歌い切々と訴えて来ます。作品への深い共感があるのだ思います。そうでなければこれだけ有機的に結びついた演奏は出来ないでしょう。 四楽章、表情豊かで滑らかに動く木管。チューブラベルは重ねずグロッケンシュピールのみです。室内オケとは思えないような凄いパワー感。無表情に演奏することが無いと言えるほど、細部まで表現しています。, 作品への深い共感から生み出される細部にわたる表現。室内オケとは思えない深みと厚みとエネルギー。すばらしい演奏でした。, ★★★★★ 一楽章、焦点が定まらず浮遊感がありうつろなチェロの第一主題。ザワザワとした不安感が覆い尽くすとても不安定な状態をとても良く表現しています。 二楽章、自然体で美しい演奏で特に何かを強調することはありません。 三楽章、ゆったりとしたテンポで、神秘的なクラリネット。混沌とした中に断片的に浮かぶ旋律。大きな抑揚のあるチェロの主題。静寂感の中に次々と浮かぶ木管が美しい。濃厚な色彩ではありませんが、確かな色を発するオケ。重厚なトゥッティ。 四楽章、グロッケンシュピールとチューブラベルを併用しています。複雑に動き不安感は表現していますが、演奏自体はとても安定していて落ち着いた演奏です。, 落ち着いた安定した演奏で、不安感を良く表現しました。少しくすんだ響きも作品にピッタリでした。, ★★★★★ 一楽章、表面が滑らかで、寒い空気感のある演奏です。カラヤンらしくキチッと整理されてとても聞きやすい演奏になっています。凝縮された密度の高さも感じます。 二楽章、モノラルですが、スタジオ録音なので、音質はそんなに悪くはありません。 三楽章、フルートのソロはベルリンpoとの65年の録音のように前へ出てきてピーンと張り詰めたような響きでは無く、少し奥まっています。全体がブレンドされた自然さはこちらの方があります。切々と訴えてくる弦もなかなかです。 四楽章、後のベルリンpoとの録音よりも響きが薄いので、シベリウスにはこちらの方が合っているような気がします。金管とグロッケンが強調されていますが、演奏全体の凄みはかなりのものです。, 少し寒い空気感や少し薄い響きなど、シベリウスには合っていました。四楽章の凄みのある演奏もとても良かったと思います。 このリンクをクリックすると音源の再生ができます。, ★★★★★ 一楽章、ゴロゴロと岩が地底から湧き上るような冒頭。柔らかく暗闇で瞑想するようなチェロの主題。とても静かです。突出しては来ない第二主題。展開部に入っても素晴らしい静寂感です。金管は軽く美しく演奏しています。 二楽章、奥ゆかしく柔らかいオーボエの主題。中間部の弦も静寂感があります。 三楽章、弱音の集中力の高い美しさは素晴らしいです。主題も緻密なアンサンブルで美しく神秘的です。雑みが無く純粋で、無駄なものを削ぎ落としたような演奏です。金管は控えめで決して突き抜けて来ません。 四楽章、大きな表現では無く奥ゆかしい第一主題。グロッケンシュピールを使っています。温度感は冷たくも暑くもない常温です。ここでは初めてトランペットが突き抜けて来ました。トランペットが突き抜けてもオケは完全にコントロールされていて整然としています。, 弱音に重点を置いた静寂感のある美しい演奏でした。深い感情表現などはありませんでしたが、完全にコントロールされたオケの純粋な響きも魅力的でした。 このリンクをクリックすると音源の再生ができます。, ★★★★★ 一楽章、ガリガリと硬質なコントラバス。ふくよかですが暗闇に響くようなチェロの主題。ダイナミックで激しい金管の第二主題。しっかりと地に足の着いた濃厚な演奏です。ティンパニも強烈です。 二楽章、舞うように歌うオーボエの主題。終結部に現れる主題はどれも生き生きとしています。強弱の変化が明快でタイナミックです。力感に溢れる演奏です。 三楽章、暗闇に浮かぶようなフルートとクラリネット。大きく歌うホルン。ずっと暗闇をさまようような演奏でした。 四楽章、速めのテンポで活発に動く第一主題。グロッケンシュピールを使っています。シャキッとしたアンサンブルの弦。明快で生き生きと動くオケ。強弱の振幅はかなり大きいです。, 暗い部分と生き生きとした表現とのコントラストや強弱の大きな振幅など、表現の幅の大きな演奏でした。 このリンクをクリックすると音源の再生ができます。, ・巨匠たちが残したクラシックの名盤を試聴したレビュー ・シベリウス:交響曲第4番の名盤を試聴したレビュー, ★★★★☆ 一楽章、かなり思い切りの良い音量で始まって次第に収束して行きます。暖かみのある響きでうつろな主題。陰鬱な雰囲気がもたれかかって来ます。くすんだ淡い色彩で響く金管の第二主題。静寂感のある展開部。 二楽章、活発な動きのある主題。表現が柔らかくふくよかで、暖かみがあります。 三楽章、地に足の付いた序奏。作品をそのままさらけ出さずにかなりこなれている感じで、マイルドで聴きやすい音楽になっています。ここは作曲者と同じフィンランド人による演奏のおかげか。共感に満ちて一体感のある演奏です。緻密に組み合わされた音楽がこんこんと湧き出るように流れて行きます。 四楽章、色彩感は渋くくすんでいます。金管も絶叫することは無く、コントラストも強くはありません。, 渋くくすんだ響きで暗く沈んだ音楽を演奏しました。セーゲルスタムがかなりこの作品を聴きやすくしてくれているようでした。, ★★★★☆ 一楽章、静寂の中に響く沈鬱なチェロの主題。第二主題はこの頃のベルリンpoらしくゴージャスな響きですが、76年の録音のような暖かさは無く、シベリウスらしい寒さは感じます。 二楽章、分厚い響きで、反応の良いオケ。静寂感はとても良いです。 三楽章、伸びやかで澄んだフルートのソロなどはさすがです。ただ、ピーンと張り詰めたような緊張感は無く、響きの厚さの分僅かに緩い感じがあります。 四楽章、グロッケンシュピールが使われています。動きの激しさなども上手く表現されています。, 76年の録音のような暖かい響きでは無く、寒さを感じさせる演奏でした。静寂感と激しさもとても良く表現されていましたが、僅かに緩い感じがあって、ピーンと張った緊張感はありませんでした。 このリンクをクリックすると音源の再生ができます。, ★★★★ 一楽章、録音レベルが高いのか、冒頭から全開のような演奏です。チェロの主題が前面に出てきます。混沌としたうつろな雰囲気は無く、むしろ有機的です。とても活発で温度が高い熱気をはらんだ演奏です。 二楽章、強い音で歌うオーボエの主題。続く弦も強いです。不安感よりも力強さを感じる演奏で、作品の本来持っている性格とはかなり違う面を聞かせているようです。 三楽章、暗闇の中で響くような音楽。そして粘るように濃厚な演奏です。よく歌う弦。非常に熱い演奏で、シベリウスの冷たい空気感とはかなり違う演奏です。 四楽章、華やかな主題。チューブラベルを併用せずにグロッケンシュピールのみで演奏しています。金管はやはり強奏します。, この温度感はロジェストヴェンスキーが持っているものではないかと思います。濃厚で熱い演奏で、シベリウスの違う面を聞かせてくれたとも言えるとは思いますが・・・・・, ★★★★ 一楽章、重苦しい冒頭。うつろなチェロの主題。シベリウスらしく内側に凝縮して行くような音楽。強烈なティンパニの一撃。暗闇の中を探りながら歩くような不安げなコーダでした。 二楽章、豊かに歌うオーボエの主題。凝縮された純音楽といった雰囲気があります。 三楽章、浮遊感のあるフルート。ピーンと張り詰めた寒さを感じさせます。オケは超一流の演奏とまでは行きませんが、献身的な演奏をしていると思います。 四楽章、グロッケン・シュピールが使われています。思い切りの良いホルン。クロッケンはかなり強調されています。咆哮する金管。強弱の振幅はかなり大きいです。, オケの密度はあまり高くは無く、超一流のオケとは言えない演奏でしたが、ピーンと張り詰めた寒さや思い切りの良い咆哮など、聞かせどころはありました。 このリンクをクリックすると音源の再生ができます。, ★★★ 一楽章、物々しい冒頭の低弦。視点が定まらないようなうつろなチェロの主題。録音にもよるのか、普段のザンデルリングのイメージとは違いかなり前のめりで積極的な演奏に聞えます。緊張感のある純度の高い演奏ですが、激しさもあるので、シベリウス独特の冷たい空気感はありません。 二楽章、ここでも積極的で生き生きとした表現です。情熱的で激しく熱気を感じる演奏になっています。 三楽章、太く暖かいフルート。クラリネットも大きい音像です。明快で混沌とするような感じは全くありません。 四楽章、この楽章も激しく積極的に動くオケ。かなり現実的で自然を連想させることもありません。, ザンデルリングにしては珍しく積極的で激しい演奏でしたが、その分シベリウスらしい冷たさや自然を感じさせることはありませんでした。 このリンクをクリックすると音源の再生ができます。, ★★★ 一楽章、少し軽いですが、暗い冒頭。暖かいチェロの主題。あまりピーンと張ったような寒さのような緊張感はありません。第二主題も暖かいです。展開部は暗いですが、やはり暖かいです。純音楽的な削ぎ落とされたような無駄の無さはあまり感じられません。かなりふくよかで情報が多い感じに聞こえます。 二楽章、少し楽しげなオーボエの主題。中間部は不穏な空気になります。 三楽章、暗闇に浮かび上がるような木管ですが、やはり暖かいです。柔らかく美しい金管。主題は少し温度が低いですが、木管が入るとまた、暖かくなります。 四楽章、楽しげな第一主題。グロッケンシュピールが使われています。金管はかなり豪快に演奏されていますが、大きな強弱の変化には感じません。, 決して悪い演奏ではありませんが、終始暖かい響きで、シベリウスらしさは感じられませんでした。 このリンクをクリックすると音源の再生ができます。, ★★ 一楽章、松脂が飛び散るような激しいコントラバス。独特な胴の鳴りのチェロの主題。凄く情報量が多い演奏です。第二主題も激しい表現です。積極的に訴えかけて来ます。 二楽章、濃厚に歌うオーボエの主題。凄く弾む中間部の弦。シベリウスらしい冷たさは全く感じられません。 三楽章、冒頭のフルートやクラリネットも暗闇に浮かぶような暗い雰囲気はありません。明快で混沌とした複雑な雰囲気もありません。 四楽章、この楽章も明快な表現です。グロッケンシュピールを使っています。竹を割ったような明快さで、激しく咆哮する金管。, とても力強く明快な表現の演奏で、シベリウスの複雑な音楽をとても簡潔にしてしまった感じで、味わいの無い演奏だったように感じます。 このリンクをクリックすると音源の再生ができます。, ★ 一楽章、物々しい冒頭。非常に陰鬱な第一主題。次第に澄んだ空気に変わって行きます。第二主題はこのコンビらしい厚みのある響きです。展開部でも分厚いコントラバス。強烈なティンパニ。温度感は高く、北欧の冷たい空気はほとんど感じません。 二楽章、オーボエは僅かな表現だけでしたが、続く弦はとても大きく豊かに歌いました。音が肥大化していて、シベリウスの清貧のような引き締まった雰囲気がありません。この演奏はシベリウスの音楽では無く、カラヤンの音楽になっているように感じます。 三楽章、美しいフルートなのですが、ピーンと張りつめたような緊張感がありません。浮遊感があって、瞑想するような雰囲気は良く表現されています。 四楽章、暖かく豪華に鳴り響く音楽がどうしてもシベリウスの音楽とは違う感じがします。, 分厚い響きで暖かく豪華な演奏はシベリウスとは程遠い感じで、あまり納得できませんでした。. 指揮:フィリップ・ジョルダン(Philippe Jordan/1974年-) スイスの指揮者 2009年:パリ国立オペラの音楽監督に就任 2014年:ウィーン交響楽団首席指揮者に就任 2020年:ウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任 グスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団(Gustav Mahler Jugendorchester) ウィーンを拠点としており、26歳以下で構成されるユース・オーケストラ マリン・オールソップ(Marin Alsop/1956年-) アメリカの女性指揮者。2007年からボルティモア交響楽団の音楽監督に就任。 hr交響楽団(hr-Sinfonieorchester/Frankfurt Radio Symphony/フランクフルト放送交響楽団) 5. ショスタコーヴィチ:交響曲第4番、5番、6番が交響曲・管弦楽曲・協奏曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 たいこ叩きのシベリウス 交響曲第4番名盤試聴記 パーヴォ・ベルグルンド指揮 ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団 ある雑誌でショスタコーヴィチの交響曲のスコア(オーケストラの譜面)売上ランキングを開催したということです。 交響曲は、第15番までありますが、上位5位までを挙げると以下のようになります。 1.第5番 ニ短調 作品47 (1937年) 2.第7番 ハ長調 作品60 (1941年) 3.第9番 変ホ長調 作品70 (1945年) 4.第10番 ホ短調 作品93 (1953年) 5.第11番 ト短調 作品103 (1957年) 全体的に暗い雰囲気の曲が人気がなく、ダイナミックで躍動感がある曲が人気となってい … まだまだ寒い日が続きますが、立春も過ぎれば、少しづつハルの足音、じゃなかった、春の足音が聞こえてきますね。いつまでもロシア音楽特集でもありませんので、今回で最終回とします。そこで取り上げようと思いついたのが、ド … 交響曲第4番、ボロディン:中央アジアの草原にて,他: アルベルト(指)ラムルーo,他: 交響曲第4番、ウェーバー:「オベロン」序曲: ザンデルリンク(指)シュターツカペレ・ドレスデン: 交響曲第4番、ショスタコーヴィチ:チェロ交響曲第1番 交響曲ニ短調; ショスタコーヴィチ. 交響曲第1番 ヘ短調 作品10は、ドミートリイ・ショスタコーヴィチが作曲した最初の交響曲。 レニングラード音楽院の卒業制作として作曲された。 交響曲第3番「オルガン」 フランク. ショスタコーヴィチ:交響曲第10番、 ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」、 ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲、 ヴェルディ:「運命の力」序曲、 スカルコッタス:4つのギリシャの舞曲 : ディミトリ・ミトロプーロス(指)nyo 第5番(革命) 第7番「レニングラード」 その他の交響曲; ベルリオーズ. 交響曲第4番やチェロ協奏曲第2番から引用される、打楽器による「時の刻み」はまさに。当盤の「時の刻み」の感動的なことといったら!この15番を聴くために全集が存在していると言ってもいいほど。1番から聴き続け15番に辿り着く、という「ショスタコーヴィチの世界」に入ること … 新型コロナウイルスに関する情報について. 全集・後期交響曲集 第5番 第4番 ... 交響曲第3番「オルガン」 フランク. ショスタコーヴィチ:交響曲第4番、5番、6番が交響曲・管弦楽曲・協奏曲ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一 … 概要. ショスタコーヴィチの交響曲第4番(ハ短調 作品43)は、1936年に作曲されています。 ウィキペディア(Wikipedia)を元に記述すると ショスタコーヴィチ30歳頃に作曲した、総勢134名という巨大編成の作 … その広島で聴いたフェドセーエフのショスタコーヴィチ 交響曲第5番。 フェドのタコ5は、何となく以前にも聴いたことがあると思っていたが、ちゃんと調べてみたら、なんと初めてであった。これは自分でも意外というか、なかなかの驚きだった。 交響曲第4番(こうきょうきょくだい4ばん)ハ短調 作品43は、ドミートリイ・ショスタコーヴィチが作曲した4番目の交響曲である。, ショスタコーヴィチ自身が「我が仕事のクレド(綱領)」と呼んだように、この作品はそれまでの集大成として1935年9月13日から1936年5月20日にかけて作られた。構想から作曲、そして完成に至るまでに8か月も要したことから、この作品が「天才」と呼ばれたショスタコーヴィチにとっても容易ならざる作品であったことが分かる。初めはアダージョとして作曲されたが放棄され、さまざまな試行錯誤の末に完成する。なお、放棄された楽譜は《交響的断章「アダージョ」》の名で残されている。, この作品はショスタコーヴィチの全15曲の交響曲の中でも編成が最大であり、技術的に最も演奏至難な曲であることでも知られている。例えば第1楽章のプレストの狂気的なフガートは、テンポどおりでは演奏不可能の作品に属する。クラスター的な音響が取り入れられていたり、第3楽章には明らかに当時のポピュラー音楽から影響を受けたと見られる箇所があることも、この曲の特色と言える。, この交響曲の作曲中、ショスタコーヴィチはグスタフ・マーラーの作品に熱中し、友人のフィンケルシュテインの証言では、手元にマーラーの交響曲第3番と第7番のスコアを置いていたという。事実、ショスタコーヴィチ自身の手による交響曲第3番のスコアが残されるなど、この作品の制作に際してマーラーを参考にしていたことが分かる。作品にも、第1楽章終結部における「郭公の動機」はマーラーの交響曲第1番からの引用、第2楽章のトリオ部はマーラーが愛好していたレントラー舞曲を採用し、第3楽章冒頭部の葬送行進曲はマーラーの交響曲第1番第3楽章冒頭部のパロディ、コーダ部のチェレスタの使用は『大地の歌』の終結部の引用など、その影響が明確に見て取れる。, 本作は完成後、数奇な運命をたどることになる。1936年1月から2月にかけてオペラ『ムツェンスク郡のマクベス夫人』とバレエ『明るい小川』が、ソビエト共産党機関紙『プラウダ』で批判された(プラウダ批判)。すると、ショスタコーヴィチは当局の意向に沿わないことを恐れたためか、同年12月11日にシュティードリー指揮、レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団で初演を行うことも決まり、最終リハーサルまで行ったにもかかわらず、この曲の初演を撤回した。その後、1961年12月30日に初演が行われるまでの25年間、本作が日の目を見ることはなかった。, その直接的な理由は不明であるが、当時ショスタコーヴィチの置かれた状況は決して安泰ではなく、スターリンの粛清下、近親者や友人たちが相次いで投獄され、彼自身トゥハチェフスキー事件に連座して当局の事情聴取を受けるほどであったので、この交響曲第4番の発表によって身に危険が及ぶと判断して撤回したのだと考えられる。本作の初演を見送った後に交響曲第5番を作曲し、その名誉は回復された。, しかしショスタコーヴィチは本作を、「失敗作でオーケストラで演奏されなかったが、私自身この曲のいくつかの部分は好きだ」と評しているように放棄せず、チャンスがあれば公演を行うつもりであった。1960年代には、すでに総譜は紛失していたが、モスクワ・フィルハーモニー協会の芸術監督グリンベルクとモスクワ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者キリル・コンドラシンらがパート譜をもとに復元し、初演の運びとなった。なお、作曲者自身は初演を親友のムラヴィンスキーに頼んだが謝絶され、結局コンドラシンによって初演の運びとなり、これ以後コンドラシンとショスタコーヴィチの交流が生まれた。, 以上のような経緯から、本作は長らく正当な評価が下されず、巨匠の隠れた名作とされていた。ショスタコーヴィチの生前に録音された演奏はわずかで、そのほとんどがソ連または東ドイツの指揮者とオーケストラによるものだった。しかし近年になってその真価が再評価され、演奏・録音の機会も多くなってきている。, なお、完成当時、指揮活動でレニングラードを訪れていたオットー・クレンペラーも、師マーラーの影響の強いこの作品に大いに惹かれ、次に予定していた南米でのコンサートに取り上げることを作曲者に約束していたが、上記の理由で立ち消えとなった。, 最晩年にショスタコーヴィチは「プラウダ批判の後、政府関係者が懺悔して罪を償えとしつこく説得したが拒絶した。代わりに交響曲第4番を書いた。若さと体力がプレッシャーに勝ったのだ」と証言しており、したたかな彼の一面が窺われる。, 3つの楽章から構成され、全楽章とも最弱音でおわる。演奏時間は約60分(各26分、8分、26分)。, ハ短調。ショスタコーヴィチの交響曲にしては珍しく、ブルックナーのように主題が3つあり、様々なキャラクターがベートーヴェンの英雄交響曲のように大量に詰め込まれていて、それが楽章の巨大化の原因となっている。展開部の第2部では突如、第1ヴァイオリンから開始され、低弦にまで至ると金管へと繋がり、楽器が加わって全体が大騒音に突進するプレストの強烈なフガートは全曲中特にインパクトが強い。再現部では極度に変形された第1主題から現れる。また、第三主題の代わりのコーダには第一主題の要素と「郭公の動機」のような動機も現れる。静寂と激動の巨大な楽章である。, 第1楽章の展開部による主題はリズムを変形させた厳格なフーガを構築し、慎ましやかながら壮大なスケールを感じさせる音楽となっている。トリオはヴィオラから始まるが、ホルンによって奏される主題はそのまま次の交響曲第5番の第1主題に用いられている。再現部では弦のフガートで始まる。またトリオの要素が来て最後のコーダでは主部の材料を用いて打楽器が極めてラテン音楽風の印象的なリズムを刻むが、これはチェロ協奏曲第2番、交響曲第15番にも引用されている。, 葬送行進曲を思わせる序奏で始まる。ティンパニとコントラバスの増4度のリズムに乗ってファゴットによって奏され、ユーモアも交えるという、いかにもショスタコーヴィチらしいシニカルな組曲風の楽章である。深刻な主題に達して最初の頂点を作る。主部は一転して『魔笛』のパパゲーノのアリアや『カルメン』の「闘牛士の歌」のパロディなどの能天気な音が出るなど、様々な要素の音楽がめまぐるしく現れ徹底的に展開されさまざまな快速調のパッセージが形作られる。後半部、低弦の刻むリズムが静かに消えるが、この主部自体は自由に即興的に作られた一種の主題の無い変奏曲形式と見ることができる。長大なコーダでは突如2人のティンパニの連打に伴い、金管群のハ長調のコラールが堂々と奏でられ、悲劇的な3拍子の行進曲がカタストロフのごとく炸裂する。最後は、力を失い、主調であるハ短調の和音が響く中、弱音トランペットが警鐘のように主題を鳴らし、悲しみと清浄の入り混じるかのようなチェレスタの響きにより静かに終結する。, 第1番 - 第2番『十月革命に捧ぐ』 - 第3番『メーデー』 - 第4番 - 第5番 - 第6番 - 第7番 - 第8番 - 第9番 - 第10番 - 第11番『1905年』 - 第12番『1917年』 - 第13番 - 第14番 - 第15番, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=交響曲第4番_(ショスタコーヴィチ)&oldid=80914423. ショスタコーヴィチの交響曲第4番を長い間私は忌避してきた。cdは大量に持っていたが、ある時期から身体が拒絶するようになっていたのである。最初の数小節でcdをストップさせることが頻発し、やがて聴かなくなった。その後、ショスタコーヴィチを私は全く受け付けなくなってい …

競売 立ち退き 賃貸, 駐車場 予約 大阪, ホットケーキミックス スポンジケーキ 牛乳なし, 小松菜 豚肉 大根おろし, ワンポットパスタ ツナ 和風, ぱいかじ 恩納村 メニュー, 夏目友人帳 声優 一覧, 量産型 アイコン フリー素材,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です